結婚披露宴の進行(お出迎え~仲人の挨拶)

結婚披露宴は人生に一度しか訪れない素晴らしいイベントです。
だからこそ、しっかりとした計画をたてて成功に導きたいものです。
そのためには最低限の知識は必要だといえるでしょう。

ブライダル業界の人は例外ですが、新郎新婦として披露宴を開きなれている人なんて
世界中に数えるほどしかいないでしょう。
つまり経験値不足は全員おなじなのです。
それでもイベントを成功させることが出来るのは、本人たちの努力と周りの人の協力があってこそです。

そもそも結婚披露宴というのは、花嫁と花婿の二人がゲストに対して結婚を報告する場です。
同時にお世話になっているゲストに対して感謝の気持ちをあらわして喜んでもらう
というのが最大の目的だと考えていいでしょう。

もちろん、ゲストはそれに応えて新郎新婦を心から祝福してくれます。
こういった部分をしっかりと頭にいれておく事が成功の鍵を握っているかもしれません。

そして、当日の流れや段取りを把握しておくことも大切なポイントです。
ここでは、そのフローを整理しています。

お出迎え

会場に来ていただいたゲストに対して新郎新婦がお出迎えをすることから全ては始まります。
これを迎賓といい、近年では殆どのケースで取り入れられています。
本来は洋風の結婚式で行われる風習でしたが、現在では和風でも同様に行われます。

場所は会場の入り口で、ゲストに対して感謝の気持ちをこめて挨拶をします。
ただし、時間の関係があるので一人一人に声をかけていると大変です。
ここでは会釈などで済ませるのがスマートなやり方です。

もちろん必要ないと考える場合は取り入れなくても全く問題ありません。
友人や知人と楽しく会話しながら迎えたいということであれば、そうしても良いですし、
ドレス姿をお披露目するのは入場時が良いということであれば、迎賓は設けなくていいでしょう。

一般的には、ここで花嫁も花婿も衣装を着てしまっています。
新郎新婦入場時と雰囲気を変えるという意味もこめて、髪型を変えるということもあります。

新郎新婦入場

迎賓がすんだら、いよいよ新郎新婦入場です。
会場中の注目を集めることになるので、まっすぐ前を見て顎を引いて堂々としていましょう。
この場面で猫背で下を向いているとなると、せっかくの入場も見栄えが悪いかもしれません。

その後は、司会から開宴の挨拶が宣言されます。

仲人挨拶

ここまで来たら仲人に挨拶してもらうことになります。
一般的には花嫁と花婿を祝福したり紹介したりする内容になります。

この際は、新郎新婦は椅子から立って話を聞くようにすると良いでしょう。
もちろん仲人から着席をするようにと言われれば、それに従いましょう。

Copyright© 2013 Wedding Reception WEB All Rights Reserved.