結婚披露宴を支えるスタッフ

結婚披露宴の主役は新郎新婦ですが、それを支えてくれている周りの人々のことも忘れてはいけません。
ゲストを含め、様々な人たちに支えられながら披露宴は成功するのです。

会場の人にしても、美容師の人にしても同じです。
必ず感謝の気持ちを忘れない様にしましょう。

そのなかでも特にスタッフの人たちにはお世話になることになります。
受付係や司会、会計係などの役割は友人や家族にまかせることになるでしょう。
ここでは、その際の人選方法やコツ・ポイントを中心に解説しています。

その他、スピーチをしてもらう人の選び方や頼み方についても紹介しています。

司会者選び

披露宴成功の鍵を握っているのは司会者といっても過言ではありません。
会場の雰囲気を左右する需要な役割ですから、入念に検討したいところです。

選択肢としては大きく分けて二通りがあります。
プロに頼むか身内に頼むかというふたつです。
まずは、これを決めなければいけません。

もしプロに頼む場合は会場に一度相談してみましょう。
ほとんどの場合で、会場専属の司会者が在籍しているようです。
そうでなくてもプロを紹介してくれるというシステムを採用していることがあります。

プロはゲストの年齢層や会場の雰囲気にあわせて進行をしてくれます。
盛り上げ方も上手ですから安心してみていられます。
欠点としては、司会者がどんな人かわからないという所かもしれません。
打ち解けた雰囲気の披露宴にはミスマッチな人もたまに見受けられるようです。
もし、打ち解けた雰囲気にしたいのであれば友人に依頼するのがベストかもしれません。

受付係・会計係

一般的には両家から一名ずつ選びます。
親族や友人・知人にお願いすることになるでしょう。

受付は隠れた大役とも考えられています。
なぜなら、結婚披露宴の第一印象を決定づけてしまうからです。
そのため、明るく人当りの良い人を選ぶのがセオリーです。

また、ご祝儀などのお金を扱うポジションですから信頼できない人にはお願いしないようにしましょう。
ご祝儀などの現金をねらった犯罪もたくさんあります。
そのため、絶対に信用できる人物を受付係にしたいところです。

会計係も同様の理由から信頼できる親族や友人にお願いしましょう。

スピーチ

スピーチをお願いする人を選ぶのにも頭を悩ませてしまいがちです。
しかし、選び方はいたって単純です。

普段からお世話になっている親しい人物にお願いするのがベストです。
本当に二人を祝福してくれている人なら自ずと素晴らしいスピーチになるでしょう。

また、お願いする場合は招待状にその旨を記載したうえで、電話でも改めてお願いしましょう。
その際に持ち時間は何分程度かなどを伝えておくのが理想的です。
こちらの披露宴サイトxn--h1s64a26mrz3awb1a.wsもお勧めです。ぜひ、ご覧ください。

Copyright© 2013 Wedding Reception WEB All Rights Reserved.