引き出物選びにワンポイント

引き出物はゲストへの感謝を伝えるための大切な品物です。
それ故に、しっかりと吟味して選びたいという方は少なくありません。

やはりゲストをおもてなしするという点から考えて、引き出物も喜んでもらえるものを選ぶべきです。
とはいっても全員に気に入ってもらえる品物を探すというのは難しいかもしれません。

そういった側面から考えていくと、かなり悩んでしまうという人は多いでしょう。
やはりポイントやコツをふまえておく必要はありますし、注意点を考えておく必要もあります。

ここでは、そんなポイントを丁寧に解説しています。

大サイズに注意

ゲストに喜んでもらうべきだという考え方の前提として、ゲストに迷惑をかけないようにしましょう。
基本的に引き出物を楽しみに披露宴にやってくるという方はあまり多くありません。
だからこそ、余計な迷惑はかけないようにしましょう。

上記の例としては大きなサイズの品物が挙げられます。
会場からの帰り道で大きくて重たいものを持って帰るのは大変なことです。
少なくとも普通サイズの紙袋に入りきる程度の大きさで選びましょう。

大きいサイズのものを贈る手段としては【カタログ】が挙げられます。
ミシンやミキサーなど、あると便利な日用品が掲載されていたりします。
自分で選ぶことが出来るうえに、玄関まで届けてもらえれば嬉しいものです。

同じモノ?

なかには、会場に来ていただいたゲストにそれぞれ違うものを用意したいと考える人もいるでしょう。
一昔前までは、ゲストの立場の違いは関係なく、必ず同じ品物を渡すのがポピュラーでした。
近年では、ゲストごとに違うものを贈っても失礼にはあたりません。

しかし、用意するのは大変な手間になってしまいます。
結婚披露宴は、この他にも用意しなければいけないものが沢山あります。
やはり、全員に同じものを贈るのが一番なのではないでしょうか?

また、上記と同じくカタログを贈るという解決策もあります。
これなら個々人で好きなものを頼むことが出来るうえに、必要がなければ頼まなければいいだけです。
迷惑になることは起こり得ないですし、むしろ喜んでもらえるのではないでしょうか?

価格相場

やはり引き出物を贈るうえで、どうしても気になってしまうのが価格の相場です。
どのくらいの値段なら失礼にあたらないのか?
という疑問が一度は頭をよぎることでしょう。

結論から言えば、相場価格は3000円から5000円程度の品物だと言われています。 引菓子なら、もう少し安い1500円程度になるでしょう。

この価格を参考にしながら引き出物を選びをすれば、よりイメージがわきやすくなるでしょう。
こちらのサイトでは、披露宴の演出について解説しているようです。参考にされてみてはいかがでしょうか。

Copyright© 2013 Wedding Reception WEB All Rights Reserved.