結婚披露宴にご招待

人生において一大イベントである結婚披露宴を楽しみにしている人は少なくありません。
新郎新婦は、披露宴をどんな風に演出するのかまで自分たちで決めることができるのですから、
こんなに素晴らしいイベントはないでしょう。

そして、催すことが決まれば必ず必要になるものがあります。
それが【招待状】です。
そしてこれを出すにあたって様々なことを決定しなければいけません。

代表的な例を挙げるならば「一体何人程度よぶのが理想的か」という点です。
この他にも様々な疑問があることでしょう。
ここでは、そういった疑問に対して丁寧に解答しています。

誰を呼ぶべきか?

一体どんな人を呼べば良いのかという点で悩んでいる人は少なくないでしょう。
もちろん全ての決定権は新郎と新婦の二人にあります。
そのため、極論を言えば誰を呼んでも間違いではありません。呼びたい人を呼びましょう。
基本的に呼んではいけない人はいないと思っていて間違いないでしょう。

しかし、ある程度の基準がなければ収拾がつかなくなってしまいます。
ここでは、その判断の基準となる例を挙げていきます。

まず一般的には友人や知人を呼ぶことになるでしょう。
イメージしている結婚披露宴の規模にあわせてどれ位親しい人を呼ぶのか決めましょう。

この他には会社の上司・同僚や母校の恩師、親戚などを呼ぶのが一般的です。
自分たちがお世話になった人を中心にゲストとして呼ぶと温かい雰囲気の会場になります。

両親の知り合いなどを呼ぶこともありますが、人数はほどほどにしてもらうのが理想です。
やはり本当に祝福してくれるのは日頃からお世話になっている人です。
あまり両親の知り合いの割合が多いと形式ばった雰囲気になってしまう恐れがあります。

また年齢層なども新郎と新婦の二人のなかで意識すると良いでしょう。
両家のゲストの雰囲気があまりに違うとチグハグな雰囲気になってしまいます。

何人呼ぶべき

会場や予算の規模で大きくことなりますし、そこでおおまかな人数はきまるかもしれません。
ちなみに、近年では七十人程度を招待するのが平均的だと言われています。

この数字は基本的に気にすることはありません。
多ければ良いというわけでもありませんし、自分たちの理想の結婚披露宴を実現するのが一番です。

まずは絶対に招待したい人だけリストアップして人数をかぞえましょう。
そして、予定人数から上記の人数を引きます。
そこで残った数字に対して「呼ぼうかどうか悩んでいる人」を決めていくとスムーズです。
こちらのサイトに、結婚披露宴演出オリジナルアイディアについての解説がありました。
ぜひ、ご覧になってみてください。



離婚の危機!!!
離婚問題のとき必ずといってもいいほど取り上げられる財産分与について
http://xn--jhqp0hq33bkwt.com/point.htmlに詳しくかいてあります。

Copyright© 2013 Wedding Reception WEB All Rights Reserved.